自己破産はシュミレーションをしてから

MENU

自己破産はシュミレーションをしてから

自己破産は、裁判所に債務の返済が不能になったことを申し立て、それが認められれば一定の財産が没収され、一定期間の法的なペナルティを受ける代わりに債務の一切が免除されるというものです。自己破産は債務が膨らみ、その結果支払えなくなった債務者を救済するための最終手段になります。
しかし、自己破産は完全に債務の返済が不能になった状態で行うのが好ましく、返済の見込みがある場合にはその他の手段をとるのがベターです。そのため自己破産を含めた債務整理の方法をシュミレーションしてから判断するべきものです。債務返済のシュミレーションを行うためには現在の資産と債務をすべて洗い出す必要があり、これを行うだけでも漠然と債務を返せないという状態から抜け出すことができるメリットがあります。また思った以上に資産を有している場合には資産を処分することで債務を返済できる可能性も出てきます。
債務整理のシュミレーションは弁護士や司法書士などが行ってくれますが、これらを最初に利用すると費用が掛かるので、自治体などが行っている法律相談や、法テラスなどの支援機関などに相談するのが無難です。これらの場所では債務整理に関するアドバイスを行ってくれますし、必要であれば弁護士などを紹介してくれます。その上で、どのような債務整理を行うべきか決断することになります。また自己破産を行うにも、それなりの費用が必要であるという点にも留意しておく必要があります。

 

多重債務者が増えている今、返済が出来ずに自己破産をする場合がとても増えています。
弁護士事務所などでは、その多重債務者の相談を受け付けているところが多くあります。
自己破産したら、返済義務は全て免除されて支払いなどの債務はなくなります。
その申請も弁護士が、全てしてくれます。
その際に弁護士費用も分割で出来る事が多く、費用がない時には法テラスなどで相談できます。
自己破産したら、借金はなくなりますが官報に自分の住所、氏名などが一度だけ掲載されます。
そのために、それを見たヤミ金からダイレクトメールが届きます。
しかし、それを無視すれば問題は何もありません。
仕事先にも、自己破産したことがわかることはほとんどありません。
ただ、自己破産したらクレジットカードは5年から7年は作ることができません。
自分の信用情報がカード会社に行くからです。
忘れがちなのが、携帯会社です。
もちろん携帯は使用は継続できます。
ただ、携帯料金も滞納している場合は、自己破産で債務とされ返済はしなくて済みます。
しかし、その債務と引き換えに携帯を契約を断られることになります。
どこの携帯会社も情報を共有しているので契約は出来ない状況になります。

また、当然ですがいかなるローンも組むことはできません。
ある程度の期間が、過ぎるとまた契約が可能になります。
それが、自己破産した時のデメリットです。
自己破産は、多重債務者を救済するために国が作った制度です。

 

自己破産したら、さまざまな影響を受けます。
一番有名な影響としては、住んでいる家を競売にかけられることでしょう。
そのため、自己破産したらマイホームを手放す必要があります。
しかしマイホームを手放すのは、自己破産をした場合のみです。
任意整理や個人再生をしたときにも、マイホームを手放す必要があると考えている人が多くいます。
ですが、実際にマイホームを手放すのは、自己破産したときのみです。
一般的に任意整理や個人再生では住んでいる家は、競売にかけられることはありません。
自己破産したら、貯金も没収されてしまいます。
しかし没収されるのは、20万円以上の貯金のみです。
貯金が20万円未満の場合には、没収されることはありません。
この20万円という基準は、貯金以外の財産にも当てはまります。
20万円を超える株券や有価証券も没収されますし、20万円を超える価値がある車も没収の対象です。
自己破産したら没収される財産は、20万円が基準となっているのです。
ただし現金の場合は、20万円ではありません。
現金は、99万円を超えると没収されます。
つまり、99万円未満の現金なら、手元に残すことができるのです。

自己破産したらこれまで苦しめられた借金の返済もなくなるので、わずかな現金や財産でも、生活を立て直すことはできるでしょう。
自己破産したら大切なマイホームや財産を失いますが、借金の返済で困っているときには。自己破産は一つの解決方法です。

 

個人再生や任意整理といった債務整理でも、借金問題を解決できないという場合、自己破産を検討しましょう。
自己破産は免責が認められれば、それまでの借金の支払い義務が無くなる債務整理です。
借金を支払わなくても良くなるので、実質借金はゼロになる為、自己破産は借金問題を大きく解決できるのが魅力です。

 

また自己破産の申し立てを行った時点で、債権者は借金の返済を請求する事はできません。
ですので厳しい取り立てにあっていた方も、自己破産をする事で精神的な負担も軽減できると言えるでしょう。

 

しかし、自己破産は良い面だけでなく社会的なデメリットやペナルティーもあるので、その点は注意する必要があります。
自己破産のペナルティーに、就ける職業に制限が出てしまうという事が挙げられます。
自己破産を申し立て免責が下りるまでの期間、弁護士や司法書士、税理士、公認会計士、宅地建物取引主任者、警備員、建設業者などの
職業に就く事はできません。

 

自己破産を申し立てする時点で、これらの職業に就いていた場合、仕事を止めないといけないケースも出てきてしまいますが、
一生就けないという訳でなく裁判所で免責が認められたら、就職する事はできます。
また免責が下りるまでに休職し、免責が認められれば元の職場に戻る事もできますよ。

 

ただ、自己破産をしていると、はやり金融機関への就職は難しいようです。

知っておきたい債務整理のこと

必読!知らないとまずい債務整理のデメリット
必読!知らないとまずい債務整理のデメリット
【実録】経験者が語る!債務整理後のリアル
【実録】経験者が語る!債務整理後のリアル
自分は債務整理できる?条件をチェックする
自分は債務整理できる?条件をチェックする
フツーの弁護士じゃNG?闇金解決法を見てみる
フツーの弁護士じゃNG?闇金解決法を見てみる
はじめての債務整理※手続きの流れ
はじめての債務整理※手続きの流れ
職場に乗り込まれる前に!取り立てストップ法
職場に乗り込まれる前に!取り立てストップ法

自己破産はシュミレーションをしてから関連ページ