自己破産をすると後悔する?

MENU

自己破産をすると後悔する?

合法的に借金を帳消しにすることが出来る債務整理方法が自己破産ですが、自己破産を検討する場合、した後に後悔をしないためにも自己破産のデメリットを把握することが重要です。
このデメリットをちゃんと理解した上でしないと後悔してしまうことも・・・

本当に自己破産が必要なのか?

まずは、無料・匿名で無料診断してみましょう。
簡単な質問に答えるだけであらゆる疑問を解決できますよ!

  • 自己破産の費用はいくら?
  • わたしの借金をいくら減額できる?
  • 最適な債務整理の方法は?
  • 過払い金請求はできる?

まずは借入件数借入額を入力してシミュレーションしてみましょう。

 

債務整理シュミレーター

 

後悔しないために知っておきたい自己破産のデメリット

必要最低限の財産以外失ってしまう

まずは高額な現金や必要最低限の財産以外は差し押さえられてしまうことです。
自分が招いた事態ですので、それほど後悔することはないでしょう。

 

決まりとして、現金は99万円を超えるもの、預貯金は20万円を超えるものだけ処分となるのです。
なので当面の生活費以外はほぼ処分されてしまうと思っておいたほうが良いでしょう。

 

新たなキャッシングやローンが組めなくなる

金融業者の個人信用情報機関に情報が載るため、新たなキャッシングやローンが組めなくなります。
いままで日常的にクレジットカードなどを利用していた方にとっては、かなり不便がでてくるでしょうが、「これまでのように借金を繰り返さずに生活を見直すために!」と考えれば良いでしょう。

 

信用情報とは?

主に金融機関が「信用」を判断するために参考にするもので、そこに事故情報が登録されることで「信用がない」と判断され、金融会社からの借り入れやローンの利用ができなくなるのです。

 

資格の制限

自己破産をすると特定の資格に制限が設けられてしまうので、その資格を使った職業に就いていた場合は、転職せざるをえなくなります。

 

制限される職業

・弁護士
・司法書士
・税理士
・行政書士
・警備員
などなど、これは一部ですが一般的な会社員や公務員などは、特に制限されないので、当てはまらない方にはそれほどデメリットにはならないかと思います。

自己破産をすると後悔するのか?

ここまででわかるように自己破産にはさまざまのデメリットがあります。
しかし、返し切れない借金を背負って、日々、返済のことだけに意識を奪われていたような生活を送っていくことと比べれば、それは大きな後悔にはならないはずです。
それよりも、自己破産をすることで背負った荷物をおろし、新しい生活に目を向けることが出来るという点を考えれば、自己破産をして後悔するといよりはよかったという気持ちを持つ方の方が多いといえるでしょう。

 

自己破産を後悔しないために・・・

自己破産について調べてから手続きを行う

借金の支払いができなくなり、支払い義務が免除される自己破産手続きに安易に飛びついてしまう人は少なくありません。
この手続きは、利用者の生活再建の助けとなるために用意されているものですので、確かに自己破産をすることで生活が楽になるという人は非常に多いです。
一方で、詳しい内容を知らずに手続きをしてしまった結果、後悔しているという人もいます。
業者からの督促や毎月の支払いが苦しくても、後悔しない手続きをとるために、ある程度内容は調べてから申立てをしましょう。

 

自己破産のリスクを知っておく

自己破産のリスクとしては、破産ができても必ず免責が受けられるわけではないということです。

借金の支払い義務が残るのは

借入理由に問題がある場合
名義を偽るなどの悪質な借入をしていた場合
この場合、財産を失うだけで借金の支払い義務が残ります。

 

また、一部の仕事は申立てから免責までの2~3ヶ月程度、できなくなります

 

さらに、不動産や車などの財産は失ってしまいますので、住む家がなくなって後悔しているという人も少なくありません。

 

仕事関係や不動産などのリスクで自己破産ができないという人の場合は、任意整理や個人再生などの手続きといった他の方法もあります。一度専門家のところに相談に行って、破産をしても影響がないかどうかを確認した方がよいでしょう。

 

面倒な手続きも弁護士や司法書士といった専門家が手続きを代行してくれますので、忙しい人でも適切な手続きを取ることができます。無料相談もありますので利用しましょう。
相談無料の借金お助け相談窓口はこちら


 

■電話相談の前に!

※下記のご質問はお受けできません。

・個人間の借金
・税金の相談
・差し押さえの相談
・本人以外からの相談
・他事務所にご相談中の方

 

専門家に相談したほうが良い理由

借金が膨らんだことにより、自己破産の手続きをする人が増えています。
自己破産の手続きをすると、借金のほぼすべてが支払い義務を免除されますので、生活の立て直しを図ることができ、非常にメリットが大きい手続きといわれています
しかし、この手続きをすることで融資をしていた金融機関には大きな損失が生じますので、誰でも何度でも手続きができるというものではありません。手続きをしてから、予想外のリスクを知って後悔しないためにも、事前に専門家に相談してみると良いでしょう

 

自己破産をして後悔するケースとしては、破産ができても免責ができないという場合が代表的です

借金の義務を免除してもらう免責の決定を受けるためには

借入目的が生活の用途であったり事業資金であるなど正当な理由でなければなりません。また、悪質な借入をしていないことも重要です。

 

さらに、破産申立てをしてから免責決定までの間は、一定の職業につくことができなくなったり、住所が制限されるなどの不利益が生じます。仕事によっては申立てをしたことで業務ができなくなり、後悔するというケースもありますので注意しましょう。また、住宅を所有している人が申立てをすると、住宅は債権者に差し押さえられますので新たな家を探さなければなりません。

 

このようなデメリットもきちんと知っておいた上で申立てをしなければ、後から予想外のトラブルに巻き込まれます。
そうならないためにも、専門家に相談して自分にとって最適な債務整理の方法と、今後の生活のことをしっかり考える必要があります。

自己破産をする前に
  • 債務整理の費用はいくら?
  • わたしの借金をいくら減額できる?
  • 最適な債務整理の方法は?
  • 過払い金請求はできる?

まずは借入件数借入額を入力してシミュレーションしてみましょう。

 

債務整理シュミレーター

今すぐ無料相談したい方は

借金お助け相談窓口なら
365日・24時間無料対応!


 

■電話相談の前に!

※下記のご質問はお受けできません。

・個人間の借金
・税金の相談
・差し押さえの相談
・本人以外からの相談
・他事務所にご相談中の方

いくら後悔しても遅い・・・なんてことにならないために

自己破産をする方は、後を絶ちません。
これは今の日本の経済状況を大きく表している事でしょう。
それは借金をしなくては生活出来ない方が多いと言う事です。
また、自己破産した原因の一つにギャンブル依存症や買い物依存症などの精神疾患を患っている方も増えています。
今の日本は、ストレス社会と言われています。
会社や学校での人間関係などで大きなストレスを抱えてしまうのです。
そのストレスがうつ病や依存症などの様々な精神疾患となって現れます。
うつ病やアルコール依存症になると仕事で出来なくなり、生活の為に借金する事になったり、ギャンブル依存症や買い物依存症は借金をしてでもギャンブルや買い物をしてしまうのです。
こうして、借金はアッと言う間に膨れ上がり、結果借金の返済に困ってしまい、自己破産の申立をする事になります。
自己破産の申立は、裁判所に行います。
申立をし、裁判官が破産宣告を決定し、その後免責が認められると借金の返済責任は無くなるのです。
しかし、今後の生活で様々な制限や社会的制裁を受ける事になります。
後悔しても遅いのです。
まずは就職などに大変影響します。
自己破産している事で、いくら成績が優秀でも不採用になってしまうのです。
弁護士や医師など憧れの職業に就きたくても就く事は出来ません。

いくら後悔しても遅いです。
また、ローンなど一切利用する事は出来なくなります。
住宅ローンが利用出来ない為に憧れの一軒家を持つ事も出来ないのです。
この他にも色々な制限がありますので、後悔しない為にも余計な借金は絶対にしない様に心がけましょう。

知っておきたい債務整理のこと

必読!知らないとまずい債務整理のデメリット
必読!知らないとまずい債務整理のデメリット
【実録】経験者が語る!債務整理後のリアル
【実録】経験者が語る!債務整理後のリアル
自分は債務整理できる?条件をチェックする
自分は債務整理できる?条件をチェックする
フツーの弁護士じゃNG?闇金解決法を見てみる
フツーの弁護士じゃNG?闇金解決法を見てみる
はじめての債務整理※手続きの流れ
はじめての債務整理※手続きの流れ
職場に乗り込まれる前に!取り立てストップ法
職場に乗り込まれる前に!取り立てストップ法

自己破産をすると後悔する?関連ページ