自己破産できる条件とは

MENU

自己破産できる条件とは

自己破産とは、借金があれば誰でもできるわけではありません。裁判所が自己破産を認めるには、一定の条件が必要となり、。自己破産デメリットもあります。裁判所が認めるかどうかは、申請者の破産原因によって変わってきます。破産原因とは、支払不能状態にある者、つまり、借金を返済するだけの収入や財産を持ち合わせていない者、ということになります。
この自己破産をするための条件である支払不能状態とは、借金返済をするための財産を有していない、借金返済にあてる金銭を調達することが難しい状態にある、すでに履行期にある返済が滞っている、継続的または客観的に見て弁済能力がないと判断される、などの状態にあることをいいます。
単純に、収入よりも借金が多いなどの理由では条件を満たさないことも多く、その場合には自己破産は認められません。認められるためには上記のようなそれなりの理由が必要となります。それ故、自己破産申立てを受けた裁判所では、申立人である債務者の有する財産をチェックしたり、その他さまざまな要因から総合的に判断して支払能力があるかどうかを判断します。
例えば、失業により収入は一時的にストップしても、労働能力や信用から判断して頑張りさえすれば返済できる額の債務であると判断されると支払不能とは認められません。また、預貯金はほとんどないが、自宅などの不動産を有していれば、それを処分して債務を支払うことができる場合には、支払能力があると判断されてしまい、いずれのケースでも自己破産は認められません。

知っておきたい債務整理のこと

必読!知らないとまずい債務整理のデメリット
必読!知らないとまずい債務整理のデメリット
【実録】経験者が語る!債務整理後のリアル
【実録】経験者が語る!債務整理後のリアル
自分は債務整理できる?条件をチェックする
自分は債務整理できる?条件をチェックする
フツーの弁護士じゃNG?闇金解決法を見てみる
フツーの弁護士じゃNG?闇金解決法を見てみる
はじめての債務整理※手続きの流れ
はじめての債務整理※手続きの流れ
職場に乗り込まれる前に!取り立てストップ法
職場に乗り込まれる前に!取り立てストップ法

自己破産できる条件とは関連ページ