2回目の自己破産について

MENU

2回目の自己破産について

自己破産は1回しか行えないと考えている人は多いかもしれませんが、実は2回目や3回目でも行うことは可能です。しかし、仮に1回目にスムーズに自己破産が行えたとしても、2回目には簡単には自己破産が出来ないという現状もあります。2回目の自己破産をする前に知っておくべき知識について説明します。
まずは以前の自己破産から7年が経過していることが必要になります。これは法律によって決まっていることであり、7年が経過していないと免責されることが出来ず借金はなくなりません。7年が経過していたとしても免責不許可事由に当たる場合には自己破産を行うことは出来ません。免責不許可事由には次のようなものがあります。例えばパチンコや競馬などのギャンブルによる浪費などの借金です。1回目ならばともかくとして、2回目も同じようにギャンブルで借金をしたとなれば、前回の自己破産において反省をしておらず、厚生の余地がないと判断されてしまう可能性があるということです。出来ないというわけではありませんが、1回目よりもはるかに厳しい条件になることは間違いありません。そのため、弁護士などの専門家への依頼は必須になります。弁護士に依頼する場合には、費用がかかります。そのため、正しい選び方で信頼できる弁護士を見つけることが重要です。無料相談が出来ることや、経験や実績があること、費用や支払い方法が明確であることなどを基準として弁護士事務所を探すといいでしょう。

知っておきたい債務整理のこと

必読!知らないとまずい債務整理のデメリット
必読!知らないとまずい債務整理のデメリット
【実録】経験者が語る!債務整理後のリアル
【実録】経験者が語る!債務整理後のリアル
自分は債務整理できる?条件をチェックする
自分は債務整理できる?条件をチェックする
フツーの弁護士じゃNG?闇金解決法を見てみる
フツーの弁護士じゃNG?闇金解決法を見てみる
はじめての債務整理※手続きの流れ
はじめての債務整理※手続きの流れ
職場に乗り込まれる前に!取り立てストップ法
職場に乗り込まれる前に!取り立てストップ法

2回目の自己破産について関連ページ