自己破産の費用はいくら?

MENU

自己破産の費用はいくら?

自己破産手続きは、必ず地方裁判所を経由する法的手続きになるので、基本費用は裁判所へ納める上納金・郵券代・収入印紙代の3つになります。
収入印紙は約1500円程度で購入でき、裁判所に破産・免責申し立てをする時に必要な経費になります。
また郵券代は、破産・免責手続き中において裁判所で決定した事項を貸金業者などの債権者に通知する際に掛かる郵便切手代になり、債権者の数によっては切手代は変動するので、少なくとも3000~8000円程度を目安として捉えておきましょう。
そして最後は、裁判所での自己破産手続き申請に掛かる予納金になり、これは自己破産の方法が同時廃止になるか、管財事件になるかで金額に大きく差が出ます。
自己破産する際に殆ど処分に値する財産がない場合は、同時廃止という扱いになるケースが多く、予納金は2万~3万円程度に収まる事が多いです。
また大きな資産がある場合は、破産管財人をつけて債権者に債務分相当の財産を分配する手間が掛かるので、管財事件扱いになります。
管財事件になれば、予納金は少なくても50万円以上は必要になりますが、弁護士に手続きを依頼し、尚且つ少額管財事件に収める事が出来る場合は、20万円台まで費用を抑えられます。
もし債務者1人で自己破産手続きする際は、上記の内訳の費用通り、最低3万円程度の費用を捻出できれば、個人で全て手続きを完了する事はできます。
但し、現実的には多忙を極めて裁判所に何度も行く時間がない人や、何枚もの自己破産申請書類を完璧に作成するのに自信がない人などが多いのです。
そんな時は、債務整理の専門家である弁護士を代理人にして、自己破産手続き全般を任してしまう事も可能です。
その場合の費用は、上記の3つの基本費用に加えて弁護士費用が必要になり、平均20~50万円は掛かると思っていて下さい。
今は自己破産の相談は無料で受け付けている法律事務所が多く、着手料も請求しない所も増えているので、経済的に負担が掛かるなと思う人は相談・着手料共にゼロ円としている事務所に連絡される事をお勧めします。
また弁護士費用に関しても、分割・後払いに柔軟に対応している所が大半になっているので、費用の件にあまりナーバスになる必要はありません。
まずは自己破産する事が果たして正しいのかどうか、無料相談会に気軽に出席して弁護士から的確なアドバイスを貰いましょう。

 

自己破産する場合には、費用がかかります。個人でやる場合、弁護士や司法書士に依頼する場合で費用は異なります。そもそも借金苦でお金がない中で自己破産を検討するわけなので、実際にどのくらいかかるのか相場は気になるところです。
自己破産は個人でやるには相当の覚悟が要りますが、この場合の費用は、約5万円からというところです。収入印紙代が1500円、予納郵券代が3000円から15000円、これにどの事件になるかで異なりますが予納金が必要です。司法書士や弁護士に依頼する場合の相場は、約20万円からとなります。予納金は、同時廃止事件では1万から3万円、破産管財人を選任する場合には、管財事件では50万円から、少額管財事件では20万円からとなっています。
個人でやる場合が、費用は一番安上がりで済みますが、時間がかかったり、同時廃止事件にならなかったら余分な費用がかかる可能性もありますので、よほど自信がない限りは弁護士や司法書士などの専門家に依頼したほうが良いかもしれません。ほとんどの事務所が無料で相談を受けてくれますので、資金面含めて相談するとよいでしょう。
相談者がお金に困っていることは、弁護士や司法書士は百も承知していますので、費用の相場や分割払いなどを詳しく教えてくれます。一刻も早く、借金苦の生活から抜け出し新しい生活をスタートさせることが目的ですから、自己破産の事は専門家に任せたほうが無難です。債務整理の場合には、費用を安くしている事務所が多いのでいろいろ探してみることです。

 

借金するだけして、返せなくなったら自己破産すれば借金が帳消しになるからいいや、などと考えている人はいないと思いますが、念の為に書いておくと、ギャンブルによる浪費や自己破産を前提とした意図的などがある場合、破産による免責が認められない場合があります。それともう一つ、自己破産には費用が必要だということです。
 では、その費用と「相場」はどのくらいなのでしょう。まずは裁判所に破産と免責申立をする印紙代が1,500円、予納切手代が3,000円〜15,000円位です。切手代は、借金している相手の数によって違うので、このように金額に幅が出ます。
 そして、何と言っても最も大きいのが弁護士費用で、相場は20万円〜40万円です。それに対して司法書士の費用の相場は15万円〜30万円なので安くていいと考えるかもしれません。しかし、司法書士には裁判所に自己破産の申し立てをする訴訟代理権がないので、書類の作成しか手伝えず、申し立て自体は本人が行うことになってしまいます。破産手続の9割が弁護士によるものであるのはこのような事情があります。
 以上のように、弁護士がいてもこのように多くの費用が必要です。しかし、自己破産を考える人は、弁護士費用が出せない場合が少なくないでしょう。その場合は、各都道府県の「法テラス」に相談してみましょう。無料で相談が受けられますし、資金がない人を助ける目的で、弁護士費用を立て替えてくれる制度があります。

 

したくはないけど、自分ではどうにも解決方法が見えない時には自己破産をするのも1つの選択肢です。しかし、自己破産するには自分だけで行うには、時間的にも手間的にもかなり厳しいのが現状です。専門的な手続きが必要ですし、提出する書類も専門語が並び、決まったフォームがあるので、素人が見てもまったく見当がつかないなんてことになります。そのため、一般的には専門家の力を借りるのがベストです。専門家なら法的な手続きは慣れていますし、時間も効率的で間違いもありません。さらに手続き中の金融業者との交渉や連絡も窓口となってくれ、少しでも負担を軽くしながら自己破産へと手続きを進めてくれます。しかし、やはり依頼するとなると費用は必要です。弁護士や司法書士となると、専門性が高いだけに費用も高額になって、逆に大変なのではないかと思ってしまいます。そこで自己破産するために、専門家に依頼した場合の費用の相場をチェックしておきましょう。相場はあくまでも平均的なものですから、内容が濃かったり、件数が多いなどの場合は、相場より高くなってしまう場合もあります。まず、同時廃止が決定する場合はだいたい20万円から25万円前後が多いようです。破産する業者の件数によっても異なってきます。また、管財人が選出される場合はもっと高くなり、少額管財事件では最低20万円、缶材事件では最低50万円になります。この費用の内訳は報酬だけでなく、裁判所に支払う金額も含まれています。個人の破産は、ほとんど同時廃止が多くなるので、25万円プラスアルファが多いようです。

 

債務整理は様々な種類がございます。
任意整理についてはこちらから。

知っておきたい債務整理のこと

必読!知らないとまずい債務整理のデメリット
必読!知らないとまずい債務整理のデメリット
【実録】経験者が語る!債務整理後のリアル
【実録】経験者が語る!債務整理後のリアル
自分は債務整理できる?条件をチェックする
自分は債務整理できる?条件をチェックする
フツーの弁護士じゃNG?闇金解決法を見てみる
フツーの弁護士じゃNG?闇金解決法を見てみる
はじめての債務整理※手続きの流れ
はじめての債務整理※手続きの流れ
職場に乗り込まれる前に!取り立てストップ法
職場に乗り込まれる前に!取り立てストップ法

自己破産の費用はいくら?関連ページ