自己破産のデメリットを把握する

借金の支払いが滞りがちになっている人は、自己破産をしたいと検討している人もいるでしょう。
メリットがある一方、デメリットもあります。自己破産を行うメリットとしては、裁判所に申し立てを行って免責を認めてもらうことができれば、全ての借金の返済を免れることができる点と言えます。

 

自己破産以外の債務整理の方法を使って借金問題を解決することもできますし、自己破産以外のケースにおいても弁護士に相談することで手続きを進めることが可能です。

 

しかしデメリットは、自己破産ではない手続きの場合には、借金額を減らすことができたり、返済について猶予されるものとなりますので、借金の支払いを全て免除してもらえるというものではなくて、返済していかなければならない手続きとなります。

 

全ての借金から逃れたいと考えている人の場合には、デメリットも知った上で弁護士に自己破産についての相談をすることになります。

 

その他、自己破産のデメリットと言えば、借金が無くなる代わりに、財産も無くなることを覚悟しなければなりません。
返済能力がないことを認めてもらうことで、財産を換金して精算を行って、それ以上の金額について支払うことができない手続きとなりますので、財産を失うデメリットがあります。

 

法的な手続きを進める際には、弁護士に手続きによるメリットやデメリットについて説明を受けてから決断することが大切です。
失う財産としては20万円を超える価値のあるものは、処分されることになります。現金の場合は、99万円を超える場合は処分する必要があります。

 

自己破産というのは借金を帳消しにすることができる代わりに、いくつかのデメリットがあります。
そのため、自己破産をする時には影響の大きなデメリットをしっかりと把握しておく必要があるのです。

 

まず、これは人によって影響の度合いが大きく変わってくるもののひとつに職業や資格が制限されてしまうというものがあります。
自己破産の申し立てをしてから、免責許可の決定がおりるまでの間一定の職業や資格が停止されてしまうことになります。
そのため、該当する職業についている人の場合、これが原因で退職を余儀なくされてしまう可能性がありせっかく借金がなくなったのに、仕事の無い状態から再スタートをしなければならなくなってしまうため生活が非常に苦しくなってしまうというデメリットがあります。

 

次に人間関係が壊れてしまうかのせいのある、デメリットに自己破産をすることで借金の催促が連帯保証人に向かうというものがあります。
自己破産をすることで借金が帳消しになるのは当人だけであり、実際には借金がなくなったわけではないので連帯保証人がいる場合にはそちらに借金の催促が行ってしまうことになります。
他人に迷惑をかけてしまうというのは、人によってもっとも大きなデメリットのひとつとなるだけに自己破産を躊躇ってしまう原因のひとつとなってしまうのですが、その場合にはまずじっくりと連帯保証人の人と相談をしてその先どうするかを決めることが重要となります。

 

自己破産をすれば借金がなくなると思って、自己破産をしようと安易に考えている人も多いものですが借金がなくなる代わりに当然デメリットもいくつかあるものですから、良く考えて自己破産を行うようにしましょう。

 

まず、全ての人に共通するデメリットとして借金をすることが難しくなってしまうというものがあります。
借金というのはクレジットカードを持つことであったり、ローンを組むことなどが含まれるのでこれらのものを利用することができないというのは現代の社会ではかなり不便を感じてしまうことになります。
到底借金を返済することができないという状況であれば、これらのものを利用している余裕もないので自己破産をして借金がなくなったほうがメリットが大きいものになりますが、返済がそれほど難しくないものを自己破産することで借金をなくしてもこれらのものを利用することができなくなってしまうデメリットの方が大きくなってしまうので、その場合には他の返済計画などを練ったほうが良いということもあるのです。

 

次に財産を没収されてしまうというデメリットがあり、20万円以上の価値のあるものは没収されてしまうことになります。
そのため、思い入れのあるものなどがあり手放したくないと思っていても、それが20万円以上の価値があれば没収されてしまうことになるので、どうしても手放したくないという場合にはやはり別の方法を考える必要があるのです。

 

このように自己破産をする時にはデメリットを理解してから、行う必要があるのです。

 

自己破産は法律で認められている債務問題を抱えた人のための救済制度ですが、利用の際にはいくつかのデメリットがあることを理解しておく必要があります。
まず最も重要になるのが「一定額以上の財産は原則として処分される」ということです。
現在の破産法の中では「99万円以下の現金」と「生活に必要不可欠な家財道具」、「法律上差し押さえが出来ない財産」などが事由財産として保護されていますが、それ以外の財産に関しては原則としては処分され、返済に充当されることとなります。
中古車としても価値がある自動車や不動産などといったような財産に関しては、まず間違いなく差し押さえられたうえで競売にかけられるでしょう。
これは自己破産の中でも最も注意したいデメリットです。
またそのほかの自己破産のデメリットとしては「免責が認められた後、5~10年勘は新しい借金が出来ない」ということも挙げられます。
この借金としては消費者金融や銀行からのカードローン借入のほか、銀行からローン融資なども含まれます。
法律上は自己破産者に対する融資の制限は無いのですが、自己破産の事実は信用情報に記載され、信用情報に自己破産の記録が残っている限りは、金融機関にとって「融資のリスクが非常に高い」と判断されることとなります。
そのため法律上は問題が無くとも、金融機関のリスク管理の問題上、新しい借金契約が不可能となってしまうのです。
自己破産には多くのメリットがあることは事実ですが、こうしたデメリットがあるということもしっかりと理解し、場合によっては特定調停や民事再生などの別の手段の利用を考えるようにしましょう。

知っておきたい債務整理のこと

必読!知らないとまずい債務整理のデメリット
必読!知らないとまずい債務整理のデメリット
【実録】経験者が語る!債務整理後のリアル
【実録】経験者が語る!債務整理後のリアル
自分は債務整理できる?条件をチェックする
自分は債務整理できる?条件をチェックする
フツーの弁護士じゃNG?闇金解決法を見てみる
フツーの弁護士じゃNG?闇金解決法を見てみる
はじめての債務整理※手続きの流れ
はじめての債務整理※手続きの流れ
職場に乗り込まれる前に!取り立てストップ法
職場に乗り込まれる前に!取り立てストップ法